誰もいない家|思ったよりも安くなる不動産物件の知っておくと役立つ知識

思ったよりも安くなる不動産物件の知っておくと役立つ知識

屋内
このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もいない家

内観

人が住んでいなければ

家が空き家になってくると、部屋と部屋に人の出入りがなくなって通気性が悪くなり湿気がこもってしまいますので、すぐに家が傷んでしまいます。空き家がすぐにダメになるのは、この湿気によるものです。空き家でも定期的に空気を入れ替えて、通気性を良くすれば、すぐに朽ち果ててしまうということはありません。空き家に、人に住んでもらって生活してもらうことで部屋の通気性をよくして部屋の管理をしてもらうという方法もあります。自治体の中には多くなってきた空き家を、UターンやIターンしてきた人に貸し出している、自治体も多くなってきています。民間でも空き家になった家を、毎月家賃を支払って賃貸するといった感じで空いている家に住んでいる人もいます。

賃貸で貸し出す

現在は核家族化が進んで、子供が都会地に住んでいて田舎には両親だけという世帯も多くあります。両親が亡くなれば当然両親が住んでいた家は空き家となって、管理する人もいなくなります。現在人が住んでいる住居であっても、海外赴任や遠方への転勤などでいつ空き家になってしまうのかもわかりません。このような空き家を賃貸で貸し出すことを、リロケーションと呼んでいて民間の専門業者が取り組んでいます。賃貸に出すことで部屋の管理ができ、部屋の通気性もよくなります。家の外部などは入居者が管理することはありませんので、外部の管理については、専門業者が行ってくれます。所有者には毎月の家賃も入ってきます。家も傷むことがなく毎月の収入もあるため、不動産の有効的な活用法としてリロケーションは注目されています。