土地契約のトラブル|思ったよりも安くなる不動産物件の知っておくと役立つ知識

思ったよりも安くなる不動産物件の知っておくと役立つ知識

屋内
このエントリーをはてなブックマークに追加

土地契約のトラブル

女性

依頼内容は様々

不動産会社やコンサルタントのサービス内容のひとつに借地権のトラブルに関しての相談があります。相談内容は借地権を売りたいが買主が見つからない、地主が地代や更新料の値上げを求めてきた、家の建て替えを認めてくれないなど様々なケースがあります。借地権付きの家は土地の使用料を地主に払えば固定資産税などは払う必要がありません。土地を購入することなく家を建てられるので費用を抑えることができます。しかし新しい法律では一定期間使用したら更新は認められず、更地にして地主に返す必要があります。その時にトラブルが起きることも多いのです。家を壊して更地にする費用を捻出できない場合もあります。借地権の知識のあるプロに相談して地主と交渉してもらうことでトラブルを解決することができます。

地主の依頼も

借地権についての相談は借主だけでなく地主のからの場合もあります。旧法の借地権で契約された土地は契約期間が過ぎても自動更新することができます。地主が更新を拒否することができないのです。そのため地主は契約解除ができず困ってしまいます。新法で契約された借地は契約期間が切れると更新はできず、土地を地主に返さなければなりません。しかし中には契約が切れても出て行かない人や立ち退き料を求める人などもいるのです。不動産のプロはそのような場合にも交渉にあたってくれます。不動産会社には借地権を専門にした事業部を設置しているところもあります。それだけ借地の関しての相談が多いと言えます。借地権の契約で悩んでいるならまずは不動産のプロに交渉してもらうことをおすすめします。